日比谷花壇

母の日の由来

母の日はいつからはじまったのでしょうか?
母の日の由来はアメリカからといわれています。

 

1900年代のアメリカヴァージニア州で1905年5月9日、アンナ・ジャービスという人の母親が亡くなりました。やがて彼女は、「亡き母を追悼したい」という想いから、1908年5月10日、フィラデルフィアの教会で亡き母がすきだっという白いカーネーションを配りました。

 

これがアメリカで初めて行われた母の日だそうです。この風習がアメリカのほとんどの州に広まりました。そして1914年、その時のアメリカ大統領だったウィルソンが5月の第二日曜日を母の日と制定しました。

 

 

日本に母の日が伝わったのは、大正時代で当時青山学院の教授だったアレクサンダー女史により紹介され、キリスト教関係の団体が中心になってこれを広めました。
昭和に入り、3月6日の皇后誕生日が母の日となりましたが、戦後、本家にあわせて現在のかたちになりました。
日本で「母の日」が定着したのは昭和24年頃のことだといわれています。

 

母の日の花

 

母の日というと、やはりすぐに思い浮かぶのはカーネーションですよね。上に書いたな由来からはじまったそうです。

 

イエス・キリストが十字架にかけられたとき、母マリアが流した涙の跡に、一輪のカーネーションが咲いたという故事から、キリスト教徒にとってカーネーションは「母と子」を象徴する花なんです。

 

当時、母性愛を表すカーネーションの赤い花は母が健在なる人、母が亡くなられた人は白い花を胸に飾り、母への感謝の意を表わしましたが、業界の提唱もあって次第に母に花を贈るというスタイルになっていきました。

 

今では宗教に関係なく、広く用いられる母の日のカーネーションですが、大事なのはお母さんへの感謝の気持ち、そしてやっぱり愛情ですよね。最近は特にカーネーションにこだわらず、自分の母親(義母)が好きな花を贈るという方も多く、母の日向けのお花のバリエーションもたいへん豊富となっています。

 

例えば、バラ、蘭、アジサイ、ガーベラ、チューリップなどの花を選ぶ方も多いですし、さらにそのスタイルもオーソドックスな花束だけでなく、お花をデコレーションケーキにみたてたもの、クマなど形どったもの、鉢植えなど様々ですし、お花だけでなくちょっと気の利いた小物やスーツなどを添えた贈り方も好まれています。花そのものも、生花に限らず、近ごろでは枯れないお花「プリザーブドフラワー」なども人気が高いですね。

 

私も鉢植えやブリザーブドフラワー、胡蝶蘭などいろいろな種類を送ってます。